NOTICE

「私の国」 ヤン・セジョン、眼差しから違う独歩な存在感…初スチール公開

 

 

「私の国」ヤン・セジョン、一層深まった演技で物語を引っ張っていく。

「メロが体質」の後続で来る10月4日に初放送されるJTBCの新しい金土ドラマ「私の国」(演出:キム・ジンウォン、脚本:チェ・スンデ、制作:セルトリオンエンターテインメント、私の国文化専門有限会社) 側は19日、信念のためなら死も覚悟する武士「ソ・フぃ」に扮したヤン・セジョンの初スチールカットを公開した。

 

「私の国」は高麗末から朝鮮初期を背景に自分の信念が語る「私の国」を巡って互いに剣を向け権力と守護への欲望を爆発的に描いた作品である。
今までも数多く扱われてきた激変の時代を密度高い敍事、力動的な描写で今までの時代劇とは一味違う時代劇が幕を開ける。

 

公開された写真の中のヤン・セジョンは計り知れない深い眼差しで演技変身を期待させる。鋭い目つきでカリスマを発散させる姿や涙を浮かべた目の
切迫さに見る人の感情を刺激する姿も。矢を放つ姿では他知れずの決意が読み取れる。たった3枚の写真で紆余曲折なソ・フィの人生を表現した
ヤン・セジョンの集中力が期待心理を刺激する。

 

ヤン・セジョン演じるソフィはイ・ソンゲの部下で北方に号令した将軍ソゴムの息子で、不義に妥協しない性格の持ち主。病気になった姉「ヨン(チョ・イヒョン)」を守るため、力強く耐え抜き生きていく人物。父親譲りの卓越した武術でクズのような世の中で自分の人生を変えようとすべてをかける。自分なりの信念を守るために「私の国」を夢見る彼は激変の時代と戦うことになる。

 

デビュー以来ジャンルにこだわらず様々な姿を見せ次々と作品をヒットさせたヤン・セジョンの新しい姿に今までにない期待が集まる。愛する人たちを守ろうとする繊細な感情表現から激変する時代の流れに従い変化し、成長していく変化無双なエネルギーを描いていくヤンセジョンが初めて見せる
ダイナミックなアクション演技はヤン・セジョンの進化が確認できる展望である。

 

「私の国」の制作チームは“激変の時代、頑固たる信念で対立する人物たちのストーリーが激しく描かれる。これを通して「私の国」は何かという深い
メッセージを伝えられるだろう”とし “その中心に期待以上の変身を見せるヤン・セジョンの新しい魅力を楽しみにして欲しい”と明かした。

 
 
 

error: Content is protected !!